ホーム  >  ステップ②

初めてのお部屋探しマニュアル
 
 
 
STEP.2 いいお部屋を見つけるために早めの情報収集。

【希望条件を決めよう】
おしゃれな街で、駅に近く、家賃が安くて、日当たり良好。そんな物件は非常に難しいのです。「自分にとって譲れない条件は何か」「何が大切か」を条件をじっくり考えてからきめましょう。


【女性のいい部屋選び】
安心して暮らす条件は「駅に近いこと」「2階以上」「オートロックつき」が良いでしょう。 「駅近」は、夜道をなるべく歩かないため。「2階以上」「オートロックつき」は侵入者の可能性を少しでも減らすためです。 ただ、駅から多少遠くても商店街の中、コンビニが目の前など条件で安全な場合もあります。下見の時にこのポイントを思い出して下さい。


【マンションとアパートの違い】
マンションとは、通常、「3階以上」「鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート構造」の物件を指します。 またアパートは、「2階以下」「木造や軽量鉄骨構造」の物件をアパートとして分類しています。 ハイツ、文化住宅もこの分類です。 家賃相場から見ると、マンションはアパートよりも2割程度高くなります。木造と鉄筋コンクリートでは防音性が大きく異なります。 最近ではアパートでもある程度の防音構造(気泡コンクリート壁など)の建物も出ています。


【郊外に行けば家賃は安い】
当然のことですが、都心から離れれば家賃相場は安くなっていきます。また、急行停車駅も周囲に比べ高くなります。これは、生活に便利な施設が多くそろっていて町が発展しているということです。こんな駅から郊外に2駅ほど離れれば、同じ家賃でもより広い物件が必ず見つかるはずです。


【賃貸情報誌とWEB情報】
賃貸情報誌の良いところは、一冊の雑誌に様々な物件があり一覧性に優れている点です。沿線別に紹介されているので、目当ての駅や街で予算にあった物件が探せます。しかし、情報を集めて発行までに1~2週間かかるので、情報誌が発売された時点では、成約した賃貸物件が掲載されていることもあります。
インターネットでは、常に更新された新鮮な情報が掲載されており、様々な条件から検索できるので、理想の物件に出会える確率が高いでしょう。ただし、検索条件を付けすぎると「該当物件はありません」となりますので、最初は多くても2から3件を選び、もし物件がたくさん表示されるようであればもう少しチェックをつけて条件を絞るのがコツです。


【こだわり条件】
□エアコン付き
□オートロック□フローリング
□バス・トイレ別□ロフト付き□室内洗濯機置き場
□駐車場付き□2階以上□新築
□築浅□女性限定□学生限定
□楽器可□ペット可□駅から徒歩

外出重視で運動好きなら「室内洗濯機置き場」でしっかり洗濯。
女性なら「2階以上」「オートロック」+「女性限定」の安全重視、
部屋でくつろぎを大切にしたいなら「エアコン付き」「フローリング 」
音楽専攻では「楽器可」など、
みなさんの譲れない条件をもう一度よく考えましょう。

ページトップへ